ワキガ

ワキのアンモニア臭はお酢で対策できる!

 

ワキからアンモニア臭がしたときには、お酢を使って対策することができます。

 

ワキからアンモニア臭がする原因は、ワキガの他にもストレスや食生活の乱れなどがあります。

 

食生活の乱れやストレスで体内が酸性になり、そのせいで汗のニオイがアンモニア臭になってしまうのです。

 

そんなときに良いのが、「酢風呂」です。

 

 

 

酢風呂の作り方はとっても簡単で、お風呂のお湯にコップ2杯弱のお酢を入れて混ぜれば完成です。

 

高いお酢ではなくスーパーで売っている安いものでOKなので、ケチケチしないで使えますね。

 

それに、酢は食品なので、安心して使用することができます。

 

 

 

なぜ酢でアンモニア臭が抑えられるのかというと、それはお酢に含まれるクエン酸に秘密があります。

 

クエン酸は殺菌作用があるので、雑菌を防いでくれます。

 

レモンやリンゴもクエン酸が含まれているので、酢と同じようにアンモニア臭を抑えることができるのです。

 

お酢は掃除にも使用できるもので、トイレのアンモニア臭対策にも効果があるものとして知られていますよね。

 

 

 

でも、「お酢風呂って酢のニオイが体につくのでは?」と思いませんか?

 

お酢のニオイが嫌だなという方は、最初は酢の量を少なめにしたり上がるときにシャワーを浴びるなどしましょう。

 

そうすることで、体についた酢のニオイを流すことができるのです。

 

 

 

酢風呂の他にも、「お酢を直接飲む」というのも効果があるのです。

 

この場合は、普通の酢よりもリンゴ酢などのほうが飲みやすいでしょう。

 

また、お酢を含ませたガーゼをワキにしばらく当てる、というのも効果があります。

 

 

 

しかし、軽度のアンモニア臭ならこれで十分ですが、重度のワキガの場合には酢だけで対策していくのは難しいでしょう。

 

そんなときは、ワキガ対策クリームなどと併用していくことをおすすめします。