ワキガ

ワキのニオイにはいろんな種類がある!?

 

ワキのニオイには、いくつか種類があるって知っていますか?

 

ワキが臭いと一言で表しても、実はそれにはいろんな特徴のあるニオイがあるのです。

 

こちらの記事では、ワキのニオイの種類について見ていくことにしましょう。

 

 

 

ワキのニオイは、大きく分けると「ワキガのニオイ」と「汗のニオイ」に分けることができます。

 

ワキガのニオイはツーンとくるという特徴があるので、わかる人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

酸っぱいニオイがすることもありますが、これはワキガではありません。

 

エクリン腺から出る汗が乳酸と混ざり合って、酸っぱいニオイが出てしまうのです。

 

ストレスや運動不足で血の巡りが悪くなると乳酸が汗となって出てくるので、疲れている人は酸っぱいニオイがすることが多いのでしょう。

 

 

 

また、雑巾のような生乾きのようなニオイもあります。

 

これは雑菌が繁殖しているために起こるもので、自分でもよくわかるようなニオイで自分でも不快と感じることがほとんどです。

 

ワキガではありませんが、汗を拭いたり服を着替えるなどして清潔に保ちましょう。

 

 

 

では、ワキガはどんなニオイがするのでしょうか?

 

上では「ツーンとするニオイ」と書きましたが、ワキガにもいろんなニオイがあるんですよ。

 

鉛筆の芯のようなニオイ、ネギのニオイ、香辛料、生ごみ、玉ねぎなどなど。

 

どれも鼻にツーンとくるものに間違いはありません。

 

このなかで最もよく言われるのが、鉛筆の芯のニオイです。

 

 

 

ワキガはアポクリン腺から出る皮脂とワキガ菌が原因となり、服を着替えても意味がないくらいの強烈なニオイがします。

 

「ワキのニオイが気になるのだけど、自分がワキガかどうかわからない」という場合には、病院へ行くと判断してもらえます。

 

皮膚科で診てもらえるので、気になる方は足を運んでみてください。

 

 

 

このように、ワキのニオイの種類はいろいろあるんです。