ワキガ

レモンとリンゴでワキガ対策をしよう!

 

リンゴとレモンを使って、デオドラントが手作りできるって聞いたことはありますか?

 

ワキガ対策商品はたくさんありますが、手作りしたほうが何かと安心ですよね。

 

それに、安く作ることができます。

 

 

 

リンゴとレモンでなぜ消臭できるのかというと、リンゴに含まれる酵素のオキシターゼがワキガのニオイを分解する効果があります。

 

そして、レモンにはビタミンCが多く含まれていて、それが殺菌効果もありワキガのニオイを抑える効果があるのです。

 

もちろん、レモンのビタミンCには、美容の効果もあるんですよ。

 

 

 

リンゴとレモンのデオドラントの作り方は、リンゴとレモンをミキサーまたはすりおろし器で絞り出します。

 

果汁だけを使うので果肉やクズがはいらないようにし、100均などのスプレーにリンゴ汁をいれます。

 

そこにレモン汁を入れて振れば完成!

 

とっても簡単ですよね。

 

ここにミョウバンを小さじ1程度入れると、ミョウバンの汗を抑える効果がプラスされるのです。

 

 

 

使い方は、出来上がった手作りデオドラントをワキに2〜3回吹きかけるだけでOKなんです。

 

入浴後や朝出かけるまでに使えば良いので、とっても手軽ですね。

 

ベタベタするのが気になる場合には、10〜15分ほどたってから濡れたタオルで拭くといいでしょう。

 

天然のものなので、1週間ほどで使い切るようにしましょう。

 

 

 

レモンとリンゴのデオドラントはあまり効果が強いとは言えませんが、子供にも使える安心なものです。

 

ワキガ重度の人はあまり効果を実感できないかもしれませんが、軽度または中度の方は使ってみる価値はありそう!

 

安心・安全なリンゴとレモンのデオドラントを1度使ってみませんか?

 

でも、「手作りってちょっとめんどくさいな…」という方は、市販のワキガ対策クリームを使ってもいいですね。