ワキガ

海外と日本のワキガに対する意識の違い

 

日本人と外国人では、ワキガのニオイに対する意識の違いがあるって知っていますか?

 

日本人のワキガ人口は、10%から15%と他の国の人に比べると少なめなんです。

 

黒人はほぼ100%、白人は70〜80%がワキガ体質といわれているので、この数字を見ても日本人のワキガ体質が少ないことがわかりますね。

 

なお、中国人のワキガ率は3〜5%程度のようです。

 

 

 

なぜ、黒人や白人のワキガ体質がこんなにも多いのかというと、それは食生活に関係があります。

 

体臭の弱い日本人は、和食中心の食事をします。

 

魚や野菜を中心に食事をすると体臭はそこまででないのですが、肉中心の食事をすると体臭がきつくなります。

 

しかし、最近では日本の食の欧米化が進んでいるので、日本人の体臭もきつくなりつつありワキガが低年齢化してきているのです。

 

 

 

他にも、湯船につからないでシャワーで済ませる文化というのも、体臭をきつくする要因なのでしょう。

 

汗腺に溜まった皮脂や汚れは、湯船にゆっくりつかることで落とせるのです。

 

 

 

でも、外国の人ってそこまでワキガのニオイがするイメージがありませんよね。

 

これはなぜかというと、しっかりとケアをしているからです。

 

日本人はワキガ人口が少ないのでワキガの人は目立ってしまいますが、黒人や白人はワキガ人口が多いのでそこまで気にならないという状態です。

 

それに、学校でもニオイのケア方法をしっかり教えてくれるので、みんなニオイに気を遣っています。

 

小さい頃からニオイのケア方法を身につけさせられるので、みんながしっかりしていて逆にケアしていないと驚かれてしまうことも!

 

 

 

日本人は無臭にすることを良いとしていますが、海外では香水でごまかすこともあるのです。

 

たしかに海外の人って香水がキツイイメージがありますが、体臭をごまかすためなんですね。

 

また、デオドラント商品も、無臭タイプより香りのしっかりしたものが多いのです。

 

日本と海外ではニオイに対しての意識が違うので、おもしろいですね。