ワキガ

ワキガで洋服が黄ばんでしまったらどうすればいい?

 

ワキガの方は、

 

  • 洋服が黄ばんでしまう
  •  

  • 服にワキガ臭が残ってしまう

 

といったことでで困る…という悩みを抱えている人が多くいます。

 

 

 

なぜ、洋服が黄ばんでしまうのでしょうか。

 

アポクリン腺から出る汗には、脂肪酸やたんぱく質、ステロイドなどいろいろな成分が含まれています。

 

そのなかの「リポフチン」が服につくと黄ばみます。

 

リポフチンは、色素成分だからなのです。

 

リポフチンによってつく色は人によりさまざまなのですが、日本人の多くは茶褐色や薄い黄色です。

 

 

 

ワキガのせいで洋服が黄ばんでしまうとなかなか落ちないのですが、落とすには重層が効果的です。

 

重層は掃除に使えるもので、100均でも手に入れることができます。

 

重層には漂白効果があるので、重層水に黄ばんだ服をつけておくと白くすることができるんです。

 

 

 

しかし、頑固な黄ばみは、重層だけでは落とすことができません。

 

なので、そんなときには、重層と酸素系漂白剤を混ぜて使うとより効果を得ることができます。

 

ただし、この方法は、色物の服だと色落ちしてしまいますので気をつけてください。

 

この他には、クリーニング屋のしみ抜きに出すのも1つの方法です。

 

 

 

そして、1つの予防法としては、黄ばみがつきにくい素材の服を着ることもできます。

 

通気性が悪くて汗をかきやすいポリエステルやナイロンは、黄ばみになりやすいのです。

 

ワキガ体質の方は、綿が通気性がよいのでおすすめです。

 

通気性の悪い素材は黄ばみだけではなく、ワキガのニオイもきつくさせてしまうので気をつけないといけません。

 

 

 

また、綿のインナーを着ていても洋服が黄ばんでしまった…という場合には、帰宅してなるべくはやく重層や漂白剤につけておきましょう。

 

ワキガのニオイや黄ばみを抑えたいのなら、ワキガ対策クリームを使うのも良いでしょう。