ワキガ

ワキガの場合のお風呂の入り方のコツ

 

お風呂に入ってしっかり洗った後なのに、「あれ?クサイ?」と思うことってありませんか?

 

お風呂あがりにワキのニオイが気になる場合には、ワキガの可能性があります。

 

お風呂では汗をかくので、お風呂をあがったあともニオってしまうんですよね。

 

ワキガの方に逆効果のお風呂の入り方があるので、ご紹介することにします。

 

 

 

まず、シャワーだけで済ませてしまうこと。

 

シャワーだけで済ませてしまうと、毛穴の中の汚れがしっかりとれないので、ワキガ臭が残ってしまいます。

 

それに、湯船につかることで、ニオイのもととなる乳酸が毛穴から出ていくのです。

 

特に夏場はシャワーで済ませがちですが、ぬるめのお湯にゆっくりつかって良い汗をかくことがおすすめです。

 

デトックス効果も期待できますし、健康にも入浴は良いのです。

 

 

 

それから、ゴシゴシ洗ってはいけません。

 

汚れやニオイを落としたいからということでつい強い力で洗ってしまいますが、実はそうすると皮脂が過剰に分泌をしてニオイを強めてしまうのです。

 

洗うときは、柔らかい素材の物を使うようにしていきましょう!

 

なお、石鹸の残りがあると雑菌の餌となってしまうので、すすぎはしっかり行ってくださいね。

 

 

 

お風呂に入ってもすぐにワキガのニオイがしてしまうなら、「お風呂に入る意味はないんじゃないかな?」と思ってしまうかもしれませんが、やはり入浴は大切です。

 

汗をかかない生活をしていると、汗の質が悪くなりニオイが増してしまいます。

 

お風呂に入って汗をかくことで、質の良いサラサラした汗にすることができるんです。

 

 

 

湯船に重層やお酢を入れるのも、ワキガ対策に効果があると言われています。

 

重層もお酢も高価なものではないので、試してみる価値はあるかもしれませんね。

 

また、ワキガ用の石鹸やワキガ対策クリームもあるので、洗うときやお風呂のあとのケアに使用すると良いでしょう。