ワキガ

ワキガの人がなりやすい自臭症とは?

 

自分のニオイって、ふとした時に「私ってクサイかも?」と思うときがありますよね。

 

このような不安から、「自臭症」と呼ばれる精神的な病気につながることもあるんです。

 

 

 

自臭症とは、精神疾患の一種で、実はニオっていないのに「自分はクサイ」と思ってしまう、いわゆる幻臭が表れてしまうんです。

 

  • ワキガの人
  •  

  • 繊細な人
  •  

  • 完璧主義の人
  •  

  • 潔癖の人

 

などが、自臭症になる確率が高いと言われています。

 

これは、「自分のニオイが周りにばれてしまうのではないか?」ということがいつも頭にあるからなんですね。

 

 

 

自臭症の人は自分がクサイと思い込んでしまうので、

 

  • 何度も歯を磨く
  •  

  • 服を着替える
  •  

  • 消臭スプレーをする

 

といったことを行います。

 

また、ワキガの人の場合は、そのニオイが軽度であっても気にしすぎるあまり、自分でも気が付かないうちに自臭症になっている方が多くいます。

 

 

 

自分のニオイは自分が思っているよりも周りは気にしていないのですが、それでもやはり気になりますよね。

 

自臭症の方の中には勘違いしている場合もあるので、ワキガが気になるのであれば、

 

  • セルフチェックをする
  •  

  • クリニックに行ってみる

 

といった方法をとってみたほうがいいでしょう。

 

勘違いならそれで安心できますし、もしワキガなら適切な治療や手術を受けることができます。

 

 

 

自分ではなく他人にニオイを判断してもらうのも大切なことです。

 

自臭症は精神的な病気なので、自臭症を治療するには精神科や心療内科へ行く必要があります。

 

放おっておくと対人恐怖症になってしまう可能性もあり、日常生活が大変になってしまうので、早く治療することをおすすめします。

 

なかには、うつ病になってしまう場合もあるんですよ。

 

そうなっては困るので、ニオイが気になる場合は早い段階でクリニックへ足を運ぶようにしましょう。