ワキガ

いろいろなワキガ手術と治療法

 

ワキガの手術や治療法は、たくさんあります。

 

方法や保険適用かどうかなどなど、それぞれ違うんですよ。

 

そこでこちらの記事では、どんな手術や治療法があるのかを見ていくことにしましょう。

 

 

 

まずは、手術についてです。

 

ワキガの手術と言えば、真っ先に挙げられるのが「剪除法」です。

 

剪除法は、皮膚を切開して裏返し、アポクリン腺をはさみで切っていく方法です。

 

 

 

手術時間は短く日帰りできるのですが、術後に腕の動きの制限があるので結構大変なのです。

 

でも、目視できるので、アポクリン腺をしっかりとれる確率が高いんです。

 

この剪除法は、クリニックによりますが、ワキガと診断されれば保険適用になるところがほとんどなので、4〜5万円で行うことができます。

 

 

 

他の手術法には、「クラドラカット法」があります。

 

クラドラカット法は、ワキに小さな穴を開けてそこから棒状の器具を入れ、アポクリン腺を取っていきます。

 

傷口が小さくて済み、術後も剪除法に比べて楽なんですよ。

 

気になる価格ですが、保険が適用されないので30〜45万円ほどかかりますので、剪除法に比べるとはるかに高いですね。

 

 

 

続いて、ワキガの治療法を見てみましょう。

 

最初は、「ボトックス注射」です。

 

ボトックス注射は、ボツリヌス菌を注入してアポクリン腺の動きを鈍くし、また汗を抑えるはたらきもあります。

 

治療時間が短いので手軽に行えますが、効果が長続きしないというデメリットがあります。

 

費用は、保険適用で3〜5万円、保険適用外だと6〜10万円ほどです。

 

 

 

次の治療法は、「ビューホット」です。

 

ビューホットは比較的新しい治療法なので、行っているところがまだ少ないという現状です。

 

ビューホットは、ワキガや汗の原因となる汗腺を熱により破壊することができます。

 

1本1本やるものではないので、時間も短くすみます。

 

ただし、保険適用されていないので、30万円ほどかかってしまうのが難点といえるでしょう。

 

 

 

このほかにも、ワキガの治療法はいろいろあります。

 

手術にしろ治療にしろ、メリットとデメリットがありますので、それをしっかり知ったうえで自分に合った方法で行いましょう。