ワキガ

未成年がワキガの手術を受けるとどうなる?

 

ワキガは、思春期のホルモンの状態が変化するときにニオイがきつくなる人がたくさんいます。

 

ワキガのニオイがきつくなりはじめたら、どうにかして改善させたいと思いますよね。

 

 

 

未成年でもワキガの手術は受けられるのですが、再発のリスクがあるのでしっかり考えてから受けた方が良いんですよ。

 

手術を受けたからといって、ニオイが完全になくなるわけではないのです。

 

それに、未成年のうちに手術を受けても、アポクリン腺がさらに発達して再度ニオイがキツくなることも考えられます。

 

アポクリン腺は20歳くらいまで発達が続いていくので、手術を受けるなら20歳を超えてからがおすすめなんですよ。

 

 

 

それに、アポクリン腺は、完全に取り除かないと再生していき、再発してしまうのです。

 

アポクリン腺を完全に取るのは結構難しく、100%完治するという保証はありません。

 

これは、未成年だからアポクリン腺が取りにくいということではなく、成人していても同じです。

 

 

 

「ワキガが再発したら、また手術すればいいのでは?」と思うかもしれませんね。

 

ですが、皮膚に負担がかかるので、何度も手術を受けることはクリニックでも勧めていないのです。

 

 

 

では、20歳になる前にワキガのニオイがすごく気になる場合は、どうしたらいいのでしょうか?

 

そのときには、

 

  • こまめに着替える
  •  

  • 汗をふく
  •  

  • 運動をして汗をかく習慣をつける
  •  

  • 食生活を改善する
  •  

  • ワキガ対策クリームを塗る

 

といったことができます。

 

ワキガ臭のついた服はしっかり洗わないとニオイがとれないので、洗濯も気をつけて行いましょう。

 

 

 

このように、ワキガの手術は、20歳を過ぎてからがおすすめです。

 

医師の腕によって術後の様子がかなり左右されるので、20歳になって手術を受けたいのであれば、良い医師を探していきましょう。

 

ネットの口コミも参考になりますよ。