ワキガ

ワキガ手術は保険がきくの?

 

ワキガの手術費用って、どのくらいの金額がかかるのか知っていますか?

 

「保険はきくの?きかないの?」などと、ワキガ手術に対していろんな疑問がありますよね。

 

そこで、ワキガ手術の金額について調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

 

 

 

ワキガの手術は、保険がきく場合とそうでない場合があります。

 

まず、保険がきく手術は「剪除法」という方法です。

 

これは皮膚を切ってアポクリン腺をとる方法なのですが、傷跡が残るというデメリットがあります。

 

 

 

最近は切らない手術もあるのですが、それだと保険適用にならないので、高額な出費となります。

 

剪除法で保険がきいた場合には、両ワキで4〜6万円ほどで手術ができるのです。

 

 

 

ワキガ手術を保険適用でするには、他にも条件があります。

 

1つは、保険対応している病院で行うことです。

 

なかには剪除法でも保険適用していないクリニックもありますので、事前に確認しておきましょう。

 

 

 

次に、ワキガの症状があることです。

 

医師にワキガと診断されないと、保険で手術を受けることはできません。

 

ワキガと判断してもらうために、病院に行く前にはシャワーを浴びずにありのままの姿でいきましょう。

 

医師は、直接臭いをかいだりワキをガーゼで拭きとって、それをかぐことがあるのです。

 

軽度や中度のワキガの場合には、保険適用でワキガ手術を受けられない場合もあります。

 

 

 

なお、ワキガの手術は日帰りでできるので、入院費用もかかりません。

 

「保険適用なら、気軽に受けられる!」と思うでしょうが、

 

  • 傷口が残る
  •  

  • 膿む
  •  

  • しばらく腕が思うように動かせない

 

といったように生活に支障が出ます。

 

また、手術をしても、場合によってはアポクリン腺が取り切れず再発してしまうなんてこともあるのです。

 

なので、保険適用になるワキガ手術でも、しっかりと考えてから行うことをおすすめします。