ワキガ

ワキガ手術の後の痛みや症状について

 

  • ワキガの手術後って、痛いの?
  •  

  • ワキガの手術後は、腫れるの?

 

そんな疑問について、お話していきましょう。

 

 

 

ワキガの手術中は麻酔をしていますので、痛みを感じることはありません。

 

ですが、麻酔がきれたら痛い…しかも2〜3日は耐えられない痛みが襲うこともあるんだとか…。

 

こうやって聞くと怖いのですが、クリニックで痛み止めをもらえるので、それを飲むようにして乗り切りましょう。

 

 

 

また、痛みの他に傷口に殺菌が入り膿んでしまうこともあるんです。

 

特に夏場は暑くて膿みやすい時期なので、ワキガの手術を受けるなら避けたほうがいいですね。

 

 

 

他にも、ワキにしこりができてしまう人もいるんです。

 

これは切開したことで毛穴と毛穴が合体してしまい、それがしこりになってしまうんです。

 

しこりができただけなら放置しても良いのですが、痛みがある場合には医師に相談して切開することもあります。

 

痛みや違和感がないという場合には、そのままにする方も多いようです。

 

 

 

なお、皮膚にツッパリ感を感じる方もいますが、これは皮膚を切って縫っているので少し引っ張られるような感じになるのです。

 

術後はツッパリ感がすごくて不快に感じる方も多いのですが、徐々に違和感は解消されていくので安心してください。

 

 

 

さらには、ワキガの手術後に色素沈着になることもあります。

 

ワキガの手術後に内出血が起こるので、それが色素沈着となってしまう場合もあります。

 

 

 

このように、ワキガ手術後は痛みだけではなくさまざまな問題が起こるのです。

 

どの症状も上手な医師がやると比較的こういった症状は少なくてすむので、口コミや評判を確認しならが良い医師に巡り合いたいですね。

 

それでも、不快な症状や傷口が汚いなどの悩みはでてくるとこともあるので、手術前にそういったことも確認しておくと良いでしょう。