ワキガ

ワキガの自覚症状がないのはどうして?

 

実は、自分がワキガであることを自覚していない人がたくさんいます。

 

なぜ自覚がないのかというと、ニオイに慣れてしまっているからなんです。

 

自分の家のニオイが自分ではわからないように、自分のニオイも自分ではわからないんですね。

 

 

 

そう考えると、「じゃあ、もしかしたら私もワキガかもしれないってこと?」とドキっとしますよね。

 

他の理由としては、ワキガが軽いので自分ではわからいというケースもありますが、この場合は周りも気がついていないかもしれません。

 

 

 

では、どうしたら自分がワキガかどうかわかるのでしょうか?

 

ワキガ体質といえば、耳垢が湿っているという1つの特徴があります。

 

ただ、ワキガ以外にも耳垢が湿る原因はあるので、耳垢がしめっている人全員がワキガというわけではありません。

 

 

 

その他にも、ワキガの人は黄ばみができます。

 

シャツや下着が黄ばんでいたら、「もしかして、ワキガかな?」と思ったほうがいいでしょう。

 

 

 

ワキガの人が「自分ってワキガなんだ!」と感じることの1つに、「周りに言われたから」ということがあります。

 

自分で気がついていなくても当然周りは気がついていて、「クサイ」と感じています。

 

それを伝えてくる人がいたら、自分がワキガということに気がつきます。

 

 

 

「知らぬが仏」とも言いますよね。

 

ですが、知らなければ周りに迷惑がかかっていることも気がつかないですし対策の仕様がないので、やはり知っておいたほうがよいでしょう。

 

 

 

なかには、ワキガではないのに「自分はクサイ」と思い込んでしまっている人もいるんです。

 

これは精神的な病気で、ニオイにとても敏感になってしまっている状態です。

 

ワキガは自覚症状がない人もいるのですが、このようにワキガじゃないのにクサイと思い込んでいる人もいるのです。

 

 

 

ワキガは、自分でわからないと対策できません。

 

もし周りに伝えられたら嫌かもしれませんが、それは感謝すべきことなのです。