ワキガ

夏より冬のほうがワキガがきつくなる!?

 

汗をかく季節は夏なので、冬より夏のほうがワキガがきつくなりそうなイメージですよね。

 

ですが、実は逆なんです。

 

意外なのですが、夏より冬のほうがワキガってニオうんですよ。

 

 

 

なぜかというと、夏よりも冬のほうが蒸れるからなのです。

 

冬は寒いので、着込みますし温かい肌着を着ますよね。

 

ところが、これがワキガにはよくないことなんです。

 

汗が拭きにくく洋服が蒸れてしまうので、ワキガ臭の原因である雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうんです。

 

 

 

雑菌を増やさないためには、冬でも清潔に保つことが大切なので、こまめに汗を拭くといったことをすると良いでしょう。

 

冬って汗をかいていないように思えますが、特に暖房の効いた室内では服の中は蒸れた状態となっています。

 

 

 

また、夏と違って日頃汗をかかなくなる冬場は体内に老廃物をためてしまうので、それもワキガにとってよくないのです。

 

運動不足になるとワキガがきつくなりますが、これも同じ原因です。

 

冬って寒いので、夏に比べて汗をかけなくなります。

 

なので、半身浴をするなどして少しでも汗をかくようにしていきたいですね。

 

 

 

あまり汗をかかないからといって、お風呂にはいらないということはNGです。

 

毎日体を清潔にして、少しでもワキガのニオイが軽減できるようにしましょう。

 

 

 

なお、肌着の素材も注意する必要があります。

 

化学繊維やポリエステルといった素材は汗を吸いにくいので、ワキガ菌が付着してしまいます。

 

こういった素材は洗濯してもニオイが落ちにくいので、ワキガの人には向いていません。

 

できれば、冬場でも綿の肌着を着ることをおすすめします。

 

 

 

冬場のワキガの対策として、

 

  • お風呂に入って汗をかく
  •  

  • ワキガ対策クリームを使う
  •  

  • 肌着の素材に気をつける
  •  

  • ワキの汗をこまめにふく

 

といったことができます。