ワキガ

アポクリン腺とワキガの関係とは?

 

汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2つの種類があります。

 

エクリン腺から出る汗は、ほぼ無臭です。

 

そして驚くべきことに、アポクリン腺から出る汗も、最初はニオイがないのです。

 

 

 

しかし、アポクリン腺から出る汗は、菌が繁殖してしまうことによってニオイが発生してしまいます。

 

これが、ワキガ独特のニオイになるわけです。

 

 

 

アポクリン腺は多くの人が持っているものなのですが、アポクリン腺の量や大きさは人によって違います。

 

また、日本人はアポクリン腺を持っている人が10%と、他の国の方に比べると少ない人種なのです。

 

黒人ですとほぼ100%の人が、アポクリン腺を持っているんですよ。

 

 

 

エクリン腺は全身にあるもので、ここから出る汗というのは体温調節を目的としたものでさらさらとして乾きやすくなっています。

 

一方のアポクリン腺は、直径4mmの大きさでエクリン腺より大きく、

 

  • ワキ
  •  

  • 陰部
  •  

  •  

  • へそ

 

にあるもので、ここから出る汗は、ちょっと黄色くてニオイがあるのが特徴です。

 

体温調節を目的としていないので、寒くても緊張していなくても出てきます。

 

 

 

アポクリン腺は二次性徴とともに成長するので、女性の初潮の時期とわきがが発生する時期はほぼ同じです。

 

ただし、年を重ねるごとに小さくなっていきます。

 

 

 

アポクリン腺から出る汗は、本来フェロモンのはたらきがあったとされているのですが、今では嫌われるニオイになってしまいました。

 

特に日本人は、ワキガの人の割合が低いので、あまり好まれないニオイとなってしまっているのです。

 

 

 

このアポクリン腺ですが、手術で改善することもできます。

 

この手術は1回で効果を出すことができるのですが、傷が残ってしまうというデメリットもあります。

 

 

 

そんなときには、ワキガ対策クリームが便利なんですよ。

 

アポクリン腺から出る汗のニオイが気になる方は、ワキガ対策クリームで対策することもおすすめです。