ワキガ

ワキガの人は耳垢が湿ってる!?

 

ワキガ体質の人は耳垢が湿っているので、ワキガ体質かどうか見極めるには耳垢も1つのポイントです。

 

では、なぜ耳垢が湿ってべとべとしているのでしょうか。

 

 

 

それは、耳の中にもアポクリン腺が存在し、それが活発になっているからなのです。

 

なので、耳垢が湿っているかどうかで、自分がワキガ体質かそうでないかを判断できるというわけなのです。

 

 

 

重度のワキガの人の耳垢は、キャラメルを溶かしたようにベトベト、ドロドロしているんですよ。

 

綿棒で耳掃除をした時に、このような耳垢がつくんです。

 

 

 

しかし、耳垢が湿っているからといって、必ずワキガというわけではなく、その可能性が高いということです。

 

耳の中には皮脂腺というものがあり、そこが活発だと耳垢がベトベトします。

 

ですから、アポクリン腺が原因で耳垢が湿っているというわけでは必ずしもないんですね。

 

 

 

また、ワキガ体質の人の耳垢は、「舐めると苦い」という話もあります。

 

耳垢なんて普通舐めないのですが、もしワキガ体質の耳垢をなめると苦くて舌がおかしくなりそうなほどなんだとか…。

 

ワキガ重度の人は乳輪も臭いのですが、この場合乳輪も同じく苦いんです。

 

ただ、ワキガ体質の人の耳垢の臭いをかいでも、ワキガのような臭いがすることはないんですよ。

 

 

 

じゃあ、耳垢が湿っていない場合はワキガ体質ではないということなのでしょうか?

 

その場合には、90%はワキガ体質ではないと言えますが、10%はワキガの可能性もあります。

 

また、ワキガはほぼ遺伝なので、両親がワキガではなく子供の耳垢が湿っている場合には、90%はワキガではないのです。

 

 

 

耳垢が湿っているかどうかは、ワキガのセルフチェック項目の1つでもあり、ワキガで病院に行くと聞かれることなので、頭に入れておくといいでしょう。